★死亡保険の受取人選びは慎重に!!死亡保険比較ランキングを参考にしてみよう!!★

死亡保険は、生命保険の一種で、死亡または高度障害の場合に保険金を受け取ること死亡保険比較ランキング※最適な保険の選び方ができます。保険については、保険に加入する時に保険会社と契約を結ぶ人のことを「保険契約者」といい、保険契約の対象になる人のことを「被保険者」といいます。保険契約者は被保険者が死亡したり、高度障害状態になったりした時に保険会社から支払われる保険金額を設定し加入します。契約の際には、被保険者が死亡や、高度障害状態になった時に保険会社から支払われる死亡保険金を誰が受け取るかを指定し、「保険受取人」を決定します。死亡保険の受取人は、保険金を受け取ることで税金がかかってくるので、死亡保険に加入する上で受取人を誰に指定するのかということは非常に重要です。また、死亡保険というのは、加入した後は長期的に継続するものなので、将来家族関係が変わる可能性があることから、受取人を誰に指定するか迷う人が多いようです。死亡保険の受取人は、基本的に配偶者又は二親等以内の血族とされており、一親等の「親、子」、二親等の「祖父母、兄弟、姉妹、孫」が範囲とされています。保険会社によっては、二親等以内の家族がいないときは、三親等の「叔父、叔母、甥、姪」でも指定できる場合があるので、事前に保険会社に確認してみましょう。死亡保険は、一般的に一度加入すると長期間続けていくものなので、加入期間中に受取人を変更する必要があるケースも発生します。そのようなことから、死亡保険では、受取人の変更手続きは加入期間中に何度でも変更することができます。死亡保険比較ランキングでは、死亡保険の基礎知識や、選び方のポイントなどを詳しく解説しているので、死亡保険選びの参考にしてください。

Categories: 未分類 | Leave a comment

★保険を諦めていた人も持病保険なら、もしもの場合に備えられるかもしれません!!★

生命保険や医療保険は誰でも加入できるわけではありません。高血圧や糖尿病などの持病があったり、過去に大きな病気を患ったりした人は加入を拒絶されることがあります。これは、保険という仕組みが、加入者同士がお金を出し合って万が一の場合に助け合う「相互扶助の精神」で成り立っているため、保険金を受け取るリスクが高い人が普通に加入できては、健康な人が不公平になるからです。でも、そんな持病がある人でも比較的容易に加入できる持病保険というものがあります。持病保険には簡単な告知だけで加入できる「引受基準緩和型保険」と告知が不要な「無選択型保険」がありますが、無選択型保険は保険料が高く保障も限定的なため、最近では引受基準緩和型の持病保険が主流となっています。引受基準緩和型の持病保険は、一般の保険に比べると保険料はやや割高になりますが、持病が原因による入院や手術も保障対象となっているため、万が一の場合も安心です。ただし、加入した最初の1年は保障が一部限定されるなどの条件がついてくるため、しっかりと確認しておくことが重要です。また、告知内容や引受け基準などは、保険会社によって異なってくるため、各社の商品を確認してみましょう。持病保険の誕生により、これまで保険に加入することが難しかった人でも、もしもの場合に備えることが可能になりました。もしも、持病保険に興味があるならば、一度資料請求で確認するか、またはファイナンシャルプランナーなどの保険を熟知した専門家の無料アドバイスを利用することをおすすめします。

Categories: 未分類 | Leave a comment

★病気リスクが高い女性だからこそ女性保険でもしもの場合に対して手厚い備えを!!★

女性保険は、女性特有の病気で入院または手術を行った場合、保障が通常の医療保険に比べて手厚い商品です。各保険会社から様々な女性保険が販売されているため、保障内容や保険料は異なってきます。「保険金が支給されなかった」なんて事態を招かないよう、しっかりと注意して確認することが重要です。もちろん、医療保険でも女性特有の病気は保障対象となっていますが、女性保険なら保障額が上乗せされるためより安心です。また、男性はがん罹患率が50代から高くなりますが、女性の場合は20代から増加しはじめます。これは、女性特有の子宮頸がん及び乳がんが、比較的若いころから罹患しやすい傾向があるからです。がんを罹患してしまうと精神的不安はもちろん、入院や通院に伴う収入ダウンなど様々なリスクがあるため、手厚く保障したことに越したことありません。保険に加入していれば特典として、健康相談やセカンドオピニオンサービスを利用することができるので、適切な治療法を選択することが可能です。ただし、保険会社によって給付対象は異なってくるため事前に確認しておくようにしましょう。女性保険は、単体商品だけでなく医療保険や生命保険に女性疾病特約として付加できる商品もあります。女性保険単体であれば、手厚い保障を期待することができますが、保険料が割高になってしまいます。いっぽう、女性疾病特約などは保障が限定されますが、その分保険料を抑えることが可能です。よって、ご自身の希望するほうを選ぶと良いでしょう。まずは、各社が反対している女性保険を資料などで詳しく確認して、不明な場合は直接問い合わせてみることをおすすめします。

Categories: 未分類 | Leave a comment