browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

★死亡保険の受取人選びは慎重に!!死亡保険比較ランキングを参考にしてみよう!!★

Posted by on 2014年10月26日

死亡保険は、生命保険の一種で、死亡または高度障害の場合に保険金を受け取ること死亡保険比較ランキング※最適な保険の選び方ができます。保険については、保険に加入する時に保険会社と契約を結ぶ人のことを「保険契約者」といい、保険契約の対象になる人のことを「被保険者」といいます。保険契約者は被保険者が死亡したり、高度障害状態になったりした時に保険会社から支払われる保険金額を設定し加入します。契約の際には、被保険者が死亡や、高度障害状態になった時に保険会社から支払われる死亡保険金を誰が受け取るかを指定し、「保険受取人」を決定します。死亡保険の受取人は、保険金を受け取ることで税金がかかってくるので、死亡保険に加入する上で受取人を誰に指定するのかということは非常に重要です。また、死亡保険というのは、加入した後は長期的に継続するものなので、将来家族関係が変わる可能性があることから、受取人を誰に指定するか迷う人が多いようです。死亡保険の受取人は、基本的に配偶者又は二親等以内の血族とされており、一親等の「親、子」、二親等の「祖父母、兄弟、姉妹、孫」が範囲とされています。保険会社によっては、二親等以内の家族がいないときは、三親等の「叔父、叔母、甥、姪」でも指定できる場合があるので、事前に保険会社に確認してみましょう。死亡保険は、一般的に一度加入すると長期間続けていくものなので、加入期間中に受取人を変更する必要があるケースも発生します。そのようなことから、死亡保険では、受取人の変更手続きは加入期間中に何度でも変更することができます。死亡保険比較ランキングでは、死亡保険の基礎知識や、選び方のポイントなどを詳しく解説しているので、死亡保険選びの参考にしてください。

Comments are closed.