browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

★就職先がない、年収が低いは過去の話!?景気回復と人員整理で公認会計士の魅力が復活!!★

Posted by on 2014年11月23日

公認会計士は、弁護士や医師と並んで3大国家試験と呼ばれており難易度は10%切る難易度の高い資格です。したがって、社会的地位および年収も非常に高いのが魅力です。リーマンショック以降は監査報酬の減収などにより年収も大きく下がりましたが、近年は持ち直している状況です。2013年度のデータによると、公認会計士の初任給は480万円を超え、平均年収は817万円と非常に高額です。大企業に勤めるサラリーマンの平均年収が750万円程度なのでその高さが理解できると思います。公認会計士は、新試験制度による大量合格者を輩出したものの、リーマンショックによる不況によって多く採用した大手監査法人は業績が悪化し、大量の退職希望者を募るなどの厳しい時代が続いていました。実際、公認会計士試験に合格しても、就職先が決まらない合格者が大量に出てしまい社会問題にまで発展していました。今では、希望退職を大量に募ったり、景気が回復したりするなどの要因によって試験に合格すれば就職先が見つかりやすくなっています。また、一時期は3000名を超える合格者の数も1000名程度まで抑えているのも需要と供給のバランスが上手く作用している要因となっています。公認会計士の未就職問題は、ほぼ解決しているので今後は試験に合格すれば内定をもらうことが可能です。むしろ、近年は大量の退職希望者で人員整理を行った後のため、どこの監査法人も合格者の奪い合いが発生しており、複数からの内定がもらえるのも珍しくありません。したがって、初年度の年収から高い報酬を期待することができます。辛い試験勉強を乗り越えて合格を勝ち取るだけの見返りはあるので、これから公認会計士を目指す人は安心して勉強に取り組むことが可能です。

公認会計士 年収はコチラ

Comments are closed.